へなちょこDTP

物忘れが激しいへなちょこオペが記憶をとどめるために開設しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

大問番号

届いたテンプレートを見て,少しうろたえました。
カーニング
大問番号がフレームグリッドの外にあるのです。
やり方を理解するのに時間がかかりました。
きっちり,書式設定をしているわけではありません。
カーニングの組み合わせなのです。だから,微妙にずれるのです。
自分的にはカーニングで,フレームグリッドの外に文字を配置するのは難しすぎるし,手作業が増えるのであまり効率的とは言えません。
フレームグリッドより大きな級数で縦中横を使うと,その後の文字がフレームグリッドからズレ,再調整が必要となります。

ルビ機能を使うことで,かなりの効率化できます。(ルビによる大問を文字書式に登録し,段落書式のドロップキャプスの1文字目にこのルビ書式を当てるとかなり効率化されます)
ルビ機能の活用


スポンサーサイト
 

インラインオブジェクトを含む文字列に下線

 学参ものを扱っていると,いろいろな指定が来ます。InDesignでは,インラインオブジェクトの下に下線を引くことはできません。
 だからといって,線ツールの線を使っていても安定性に欠けます。

その場の思いつきだけど,ここに書きとめておきます。
裏技と言うより,ダマシ技です。

手順は以下の通りです。
条件としては,インラインオブジェクトの幅(縦書きの場合は高さ)がフレームグリッドで設定したQ数の倍数になっていることです。

インラインオブジェクトにアンダーライン

1 インラインオブジェクトのあとに,インラインオブジェクトの大きさに相当する■を入れます。

2 ■を含め必要なところに下線を設定します。(インラインオブジェクトに触らない位置にオフセットします)。■は(親文字のみ)非表示にします。

3 インラインオブジェクトを含め,赤字で設定した部分を2字取にします。

4 完成。 
 

InDesignで下線(アンダーライン)の長さを調整する。

InDesignでは様々な下線機能が使えます。
学参ものを扱うと,下線の長さを句読点の位置と調整するような注文が多いです。

例えば,以下のような赤が入ってきます。
underline01.jpg

文字組みで「約物全角」を指定した場合,句点を全角と見なしてしまいます。

以下の方法で,下線(アンダーライン)の長さを調整できます。
underline02.jpg

句点(。)の文字後のアキ量をベタにする。
句点の後の文字(意)の文字前のアキ量を2分にする。

 

上下同時にルビ

InDesignにルビ機能はあるけど,デフォルトのまま,ルビを上下同時に機能はありません。
でも,学参ものなどでは上下同時のルビを要求してくることがよくあります。
あるデータをヒントに自分なりにダマシで上下同時にルビを振る方法を考えてみました。

例として,蒋介石を取り上げてみました。

InDesignで上下同時にルビ

上下同時にルビが振られているように見られます。

文字単位でルビを設定しました。

蒋の字のルビの設定
蒋の字のルビ


介の字のルビの設定
介のところに「かいせき」とルビを設定してみました
介のルビ

位置を肩付きに設定し,文字かけ処理などを外してみました。

石の字のルビ設定。
今回は,下に振るルビを全て石に設定しました。
石のルビ設定

ルビを右揃えに設定し,オフセットで位置を調整し,ルビに70%の長体を設定し,文字かけ処理などを外してみました。

次の例
rubi05.jpg


孫の字のルビ設定
モノルビで上側のルビ「そんぶん」と入力し,文字かけ処理を外します。
rubi06.jpg


文の字のルビ設定
下側の「ソン」だけ設定します。
rubi07.jpg

文字位置のオフセットで「孫」の字に近づけます。

ウェンのルビの設定法
ルビ用の親文字として■を入力し,文字の塗りをなしとしました。
rubi08.jpg

ルビに長体をかけ,文字位置のオフセットで位置を調整します。





 

 | HOME | 

ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。