へなちょこDTP

物忘れが激しいへなちょこオペが記憶をとどめるために開設しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

InDesignで下線(アンダーライン)の長さを調整する。

InDesignでは様々な下線機能が使えます。
学参ものを扱うと,下線の長さを句読点の位置と調整するような注文が多いです。

例えば,以下のような赤が入ってきます。
underline01.jpg

文字組みで「約物全角」を指定した場合,句点を全角と見なしてしまいます。

以下の方法で,下線(アンダーライン)の長さを調整できます。
underline02.jpg

句点(。)の文字後のアキ量をベタにする。
句点の後の文字(意)の文字前のアキ量を2分にする。

スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obrerodtp.blog108.fc2.com/tb.php/16-a6279570

 | HOME | 

ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。