へなちょこDTP

物忘れが激しいへなちょこオペが記憶をとどめるために開設しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

インラインオブジェクトを含む文字列に下線

 学参ものを扱っていると,いろいろな指定が来ます。InDesignでは,インラインオブジェクトの下に下線を引くことはできません。
 だからといって,線ツールの線を使っていても安定性に欠けます。

その場の思いつきだけど,ここに書きとめておきます。
裏技と言うより,ダマシ技です。

手順は以下の通りです。
条件としては,インラインオブジェクトの幅(縦書きの場合は高さ)がフレームグリッドで設定したQ数の倍数になっていることです。

インラインオブジェクトにアンダーライン

1 インラインオブジェクトのあとに,インラインオブジェクトの大きさに相当する■を入れます。

2 ■を含め必要なところに下線を設定します。(インラインオブジェクトに触らない位置にオフセットします)。■は(親文字のみ)非表示にします。

3 インラインオブジェクトを含め,赤字で設定した部分を2字取にします。

4 完成。 
スポンサーサイト
 

コメント

初めまして。
こちらに書かれていることを参考にして、
インデザインの下線をつなぐことができました。
このページを残しておいてくださって、ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obrerodtp.blog108.fc2.com/tb.php/17-63465571

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。