へなちょこDTP

物忘れが激しいへなちょこオペが記憶をとどめるために開設しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

大問番号

届いたテンプレートを見て,少しうろたえました。
カーニング
大問番号がフレームグリッドの外にあるのです。
やり方を理解するのに時間がかかりました。
きっちり,書式設定をしているわけではありません。
カーニングの組み合わせなのです。だから,微妙にずれるのです。
自分的にはカーニングで,フレームグリッドの外に文字を配置するのは難しすぎるし,手作業が増えるのであまり効率的とは言えません。
フレームグリッドより大きな級数で縦中横を使うと,その後の文字がフレームグリッドからズレ,再調整が必要となります。

ルビ機能を使うことで,かなりの効率化できます。(ルビによる大問を文字書式に登録し,段落書式のドロップキャプスの1文字目にこのルビ書式を当てるとかなり効率化されます)
ルビ機能の活用


スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://obrerodtp.blog108.fc2.com/tb.php/18-7d6e4412

 | HOME | 

ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。